行政書士の資格を取るヒント|絶対合格するために

レディ

沢山の知識で子育てに貢献

保育士は、働く女性が増加している近年、需要の高い職業です。厚生労働省に指定された大学や短大・専門学校で保育の専門課程を履修することで、無試験で資格を取得することができます。保育園以外にも企業や商業施設の託児所等様々な就職先がありますが、幼児教育に関する他の資格を併せ持つとさらに活躍の場が広がります。

行政法の専門家

女性

行政法だけでは駄目

行政書士の資格は受験資格が無いので、誰でも受けることができます。しかし合格率はとても低く、毎年その数字は一桁となるほどレベルが高いものといえます。そのため簡単に合格することができるものではなく、取得を目指すためには知識を身につける必要があり、集中して勉強に取り組まなければなりません。行政書士は行政法を主に人にかかわる専門の立場となりますが、だからといって試験対策に行政法のみを勉強すれば良いというわけではありません。憲法や民法のほか、一般常識の問題も出てくるので、さまざまな知識を習得しておかなければなりません。過去問やテキストを普段から読み解いて、毎日繰り返し取り組むことで知識を習得することができるようになります。勉強期間は短くても半年で、平均的に勉強する人の期間は1年といわれています。それだけ勉強することで行政書士の資格を取得するのにどのようなメリットがあるのか把握しておきましょう。資格を取ることができれば、独立して開業することができるといわれており、自宅で開業する人もたくさん存在しています。そのほか行政書士の資格と一緒に別の資格を保有して活動範囲を広げている人もいます。行政書士と税理士、行政書士と宅建など、そうすることでたくさんの人から頼りにされる立場となります。行政法は仕事や生活にかかわる定めがたくさんあり、普段の生活でも相続や離婚問題など法律で解決させるために知識を働かせることもできます。

勉強

強制力と専門性が重要

ビジネスマンの方がビジネス系の資格を取得する際の合理的な選択と言えるのがスクールへの通学です。強制力がある分、日々仕事で忙しい方でも長続き出来ますし、専門のスクールであれば出題傾向などにも精通しています。特に制度改正や法律改正が多いビジネス系の資格の場合、頼りになります。

男女

保育資格を取得するには

養成施設で学べば、試験を受けることなく保育士になれます。また、受験は必要ですが、大学や短大、専門学校でも保育士を目指すことは可能です。短大や専門学校は早く保育士になれるが、大学に進学すれば保育士以外の資格も目指せるなど学校によって特色は違うので、異聞にあった学校を選びましょう。