行政書士の資格を取るヒント|絶対合格するために

保育資格を取得するには

男女

保育士になるには保育士国家資格が必要です。保育士資格は厚生労働大臣が指定する養成施設で学ぶか学校に通わずに実務経験を積んで保育士国家試験の受験資格を取得し試験に合格する必要があります。厚生労働大臣が指定する保育士養成施設は4年制大学、短期大学、専門学校の3種類があり、高校卒業資格を持っているか見込みがある方が入学することができます。各学校は保育に関する所定の科目を履修すれば卒業と同時に保育士資格が与えられます。養成施設として指定されている4年制大学では4年間の間に保育について幅広く学ぶことができ、卒業と同時に保育士資格が与えられます。また、幼稚園教諭や社会福祉士などの資格も取得可能なので就職先の選択肢が広がります。養成施設として指定を受けた短期大学は2年間で所定の科目を履修すれば卒業と同時に保育士資格が与えられます。短期大学は地域に密着している学校が多く地元での就職に有利です。また、養成施設として指定されている大学や短期大学では、通信教育課程で所定の科目を履修すると卒業と同時に保育士資格と幼稚園教諭資格を与えています。この場合は各学校で条件などが設けられていますので注意しましょう。養成施設として指定されている専門学校は2年制と3年制の2種類があります。違いは2年制は保育士資格取得がメインですが、3年制の学校では幼稚園教諭の資格も与えられます。専門学校では夜間のコースを設けている学校があり授業は夕方から夜の間に行われています。夜間コースでは社会人として働きながら資格取得を目指すことができます。