行政書士の資格を取るヒント|絶対合格するために

沢山の知識で子育てに貢献

レディ

需要が多く人気の職業です

結婚して子どもが生まれても仕事を持って働く女性が多くいる現在、保育士はとてもニーズの高い職業です。保育士になるにはまず、厚生労働省に指定された四年制の大学や短期大学・専門学校に進学します。そこで、実習も含めた保育に関する専門課程を履修し卒業すると無試験で保育士の資格を取得することができます。その後保育の現場へ就職することになりますが、公立・私立の保育園以外にもその活躍の場は多くあります。例えば、企業や商業施設などの託児所、乳児院、ベビーシッターなどです。このように活躍の場が多いことだけでなく、社員としてフルタイムで働くほかにパートタイマーとして短時間のみ勤務するなど様々なスタイルで働くことが可能であることも保育士の仕事が人気である理由の一つです。四年制大学や短期大学・専門学校のいずれで学んだ場合でも取得できる保育士の資格に変わりはありませんが、四年制大学や短期大学では幅広い保育の知識を学ぶことができるため、保育士と併せてそれ以外の資格の取得も目指すことができる学校が多くあります。例えば「幼稚園教諭一種免許状」「臨床心理士」「小学校教諭一種」「特別支援教育教諭」などです。近年では幼稚園と保育園の機能を併せ持った「総合こども園」の設立が増えてきていることもあり、幼稚園教諭の免許状を取得しておくと役に立つと言われています。また、「臨床心理士」などの資格を取得していると、保育園だけでなく、児童養護施設に勤務したりスクールカウンセラーなどの職業に就くこともでき、将来的な活躍の場が広がります。